生理用品と古書の雑記

むかしの女性はどうしてた?古雑誌でたどる月経帯からアンネナプキンまで
<< 明治の婦人衛生問答 | main | わかりやすい広告 >>
メンスが通る、メンスを通す?

月経帯時代、来るべき生理が来ないという悩みを
解消するためにこのような薬がありました。

特殊強力流経剤メンストール
DVC00149.jpg
昭和5年(1930)主婦之友10月号より

これらは流経剤・通経剤と呼ばれていました。
生理が来ないのは、生理不順以外にもあるということで
警鐘を鳴らすこのような記事も。
”所謂「通経剤」は謎”
DVC00152.jpg
昭和8年(1933)主婦之友6月号附録
婦人衛生宝典より

画像の文字が分かりにくいので書き写します。

妊娠調節の目的のために、通経剤を用ひることが、
何を意味するかは、こゝに改めて申し上げずとも、
皆様にはよくおわかりのことでありませう。
勿論、それは堕胎であります。それが身体の健康にとっても、
恐るべき不自然であることは申すまでもないことであります。

月経帯時代、婦人雑誌にはこのような薬の広告も氾濫していました。

明日も月経帯時代で参ります。

月経帯時代の生理用品と広告 23:15 -
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MAILメール
nunonapuchu★yahoo.co.jp
(★=アットマーク)
布ナプキンの本を出版しました
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode


SPONSORED LINKS