生理用品と古書の雑記

むかしの女性はどうしてた?古雑誌でたどる月経帯からアンネナプキンまで
<< 『布ナプキンはじめてBook』で使った生地など | main | メンセス、メンス、生理、呼び方いろいろ >>
ゴムの月経帯はいけません
月経帯の広告を掲載していた婦人雑誌ですが、
市販の月経帯に対する意見記事がこの雑誌にありました。
DVC00266.jpg
昭和4年(1929)婦人世界10月特別増大号表紙

モレに強くカラダにフィットするという、ゴムを使用した
市販の月経帯に対するこのような意見。”ゴムの月経帯はいけません”
DVC00267.jpg
昭和4年(1929)婦人世界10月特別増大号より

この記事によるとゴムを用いた月経帯は、
布に比べて洗濯がしにくく蒸発を妨げることが欠点とあります。

そこで、洗濯がしやすいメリヤス(伸縮性のある生地)を使えば
簡単に作ることができるとし、月経帯の作り方を紹介しています。
DVC00265.jpg
作り方の工程を1〜3までで示し2ページにわたり解説。
左下の4番目の図はこの月経帯に吸収させる布(ナプキンにあたるもの)の
使用時の重ね方を示しています。

これによると、月経帯(サニタリーショーツにあたるもの)を使用するときは、
吸収布(ナプキンにあたるもの)となる綿の布を6センチ×12センチくらいの長方形に
折り重ね、その上に脱脂綿を重ねるとしています。

この月経帯の作り方から4年後、別の婦人雑誌でも作り方を紹介しています。
DVC00264.jpg
昭和8年(1933)主婦之友6月号附録 婦人衛生宝典より

月経帯時代の生理用品と広告 23:34 -
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MAILメール
nunonapuchu★yahoo.co.jp
(★=アットマーク)
布ナプキンの本を出版しました
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode


SPONSORED LINKS