生理用品と古書の雑記

むかしの女性はどうしてた?古雑誌でたどる月経帯からアンネナプキンまで
<< 使用上の注意 | main | ウーマンケアネット開設9年目を迎えます >>
月経帯からサニタリーショーツへ

昭和36年(1961)アンネナプキンの登場で、月経帯と脱脂綿でおてあてしていた
月経帯時代が終わり、サニタリーショーツとナプキンでおてあてする時代に。DVC00406.jpg
(アンネナプキンの使用法説明書と製品案内など)

DVC00405.jpg
ナプキンの使い方以外にも使用後のナプキンの水洗トイレへの流し方の説明があり、
アンネットという生理用ショーツの上に普通のパンティを穿きましょうと書かれています。

アンネナプキンの登場で明治時代末から半世紀以上続いた”月経帯時代”はお仕舞です。
アンネ誕生の約50年前(現在から100年前)、月経帯時代初期はこのような月経帯でした。
DVC00095.jpgDVC00139.jpg
安全帯(安全堂):明治45年(1912) 婦人世界2月より
ハイゼニック:大正2年(1913)婦人世界秋季増刊号より
ビクトリヤ:大正2年(1913)婦人之友6月号より

※月経帯時代ってなあに?という方はこちらをご覧ください。
http://blog.nunonapu.chu.jp/?eid=882884


月経帯時代の生理用品と広告 22:33 -
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MAILメール
nunonapuchu★yahoo.co.jp
(★=アットマーク)
布ナプキンの本を出版しました
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode


SPONSORED LINKS