生理用品と古書の雑記

むかしの女性はどうしてた?古雑誌でたどる月経帯からアンネナプキンまで
<< 昭和初期の月経帯メトロンバンド | main | フレンドの飛んでも跳ねても、もとはビクトリヤ? >>
大和ゴムの月経帯とおしめ

大和ゴムは国産の月経帯を初めて製造した会社で、その月経帯の名はビクトリヤ月経帯。
月経帯にゴムを用いた技術を利用して赤ちゃんのおしめカバーも製造していました。

大和ゴム製作所のイージーおしめ
DVC00458.jpg
大正13年(1924)主婦之友7月号より

大和ゴム製作所のビクトリヤ月経帯
DVC00459.jpg
イージーおしめと同号より

イージーおしめの赤ちゃんをだっこするママは美人ママという雰囲気なのに、
ビクトリヤ月経帯の女子3人はちょっと剽軽な感じに見えなくもないのですが・・・。
ハート柄の着物やベルスリーブでお召し物は可愛いのになぁ〜。

と思ってこの雑誌をめくっていたら他にもハート柄の生地がありました。流行っていたのかな。
DVC00460.jpg

今日お伝えした広告はこちらの婦人雑誌に掲載されています。
DVC00461.jpg
大正13年(1924)主婦之友7月号表紙


月経帯時代の生理用品と広告 23:22 -
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MAILメール
nunonapuchu★yahoo.co.jp
(★=アットマーク)
布ナプキンの本を出版しました
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode


SPONSORED LINKS