生理用品と古書の雑記

むかしの女性はどうしてた?古雑誌でたどる月経帯からアンネナプキンまで
<< 大正14年(1925)主婦之友 新年特別号 | main | 大正11年(1922)主婦之友5月号 >>
大正10年(1921)主婦之友、婦人世界 7月号

DVC00037.jpg
色白というより蒼白に見えなくもない美人が表紙のこれは、
どちらも大正10年(1921)7月1日発行の主婦之友と婦人世界。
表紙だけでなくこの号で取り上げている記事や特集も少し似ているので今日は2冊同時に紹介。

こちらは主婦之友の目次で子供を亡くした方の経験談が特集記事になっている。
DVC00027.jpg

一方の婦人世界の目次がこれ。こちらも家庭悲劇号と銘打って子供を亡くした方の特集記事。
DVC00029.jpg

メインの特集記事以外でも同じような記事があり、
主婦之友ではピアニスト久野久子、婦人世界では上村松園を取り上げている。
DVC00024.jpg
実はこの号を読んで初めて久野久子というピアニストを知ったのだけど、
波乱万丈の女性の一代記というような内容で小さい文字のギッシリ詰まった
7ページに渡る記事を一息に読んでしまった。

酒造りと質屋を営む裕福な家に生まれた久子だが生後半年頃に
子守女中に背負われたまま神社の高い石段の上から転げ落ちてしまったのがもとで
足が不自由になってしまった。

当初は嘆き悲しんでいた両親だが、不自由な体になってしまったからには
一生独りを全うさせる覚悟と備えが大切だとして芸で身を立てられるようにと
5つの頃から琴、三味線を厳しく仕込み、明治34年(1901)西洋音楽を志し
東京音楽学校に進みピアニストとして活躍したという。
DVC00025.jpg
記事によれば、
久子は負けず嫌いの勉強家で演奏も力強く男性的で溌溂たる生気に満ちている、
けれども萎んだ花に涙ぐむ乙女の情緒もある性格なのだという。

さらに久子に仕えていた人の談によると、ピアノの練習をしているときは
顔が凄みを帯びて目が光り一日二日食事も摂らないでピアノに向かっているという。
演奏会が近づくと1,2週間も前から人と会うことを止め家の者にも口を利かず
部屋に鍵をかけてピアノの練習をするので見ているほうが寿命が縮まるほどだが、
指先が破れてピアノを鮮血で染めようが疲労し尽くして感覚を失おうが
いつまでも弾いていて神々しくさえあるという。


一方の婦人世界でも女性芸術家を取り上げていて
上村松園の立志伝を3ページにまとめている。
DVC00030.jpg

特集もその他の記事も似たような同年同月の主婦之友と婦人世界は、
当然広告も同じ商品なら両誌共同じかと思い見比べてみる。(比べる広告はモチロン月経帯)

これは、ビクトリヤ月経帯の広告。両誌の広告共に図案も説明文も全く同じ。
DVC00034.jpg

この両号にはもうひとつ月経帯の広告があり、ローヤル月経帯が掲載されているのだけれど
こちらは違った。

DVC00033.jpg
下が主婦之友、上が婦人世界に掲載されたローヤル月経帯の広告。
主婦之友の方が簡易過ぎる感じがするのはおしめカバーも入れたからかなぁ。


最後にこれもこの号を読んで初めて知った「灰娘(アッシェンブッテル)」のお話し。
誰でも知っていると思われるシンデレラの物語。
・・・なんだけど自分が知っているシンデレラとは少し違っていた。

東洋と西洋の継母継子の物語を紹介した記事にその灰娘が掲載されていて、
読みにくいかとは思うけど、何とかこの画像でも読めると思うのでそのままUPします。
DVC00039.jpg

ここから、灰娘です。

DVC00040.jpg


DVC00044.jpg


DVC00042.jpg
シンデレラが魔法が解ける12時までに帰るのに急いだからガラスの靴が脱げてしまった
のだと思っていたんだけど・・・王子様の策略だったとは!?


徒然日記 23:35 -
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MAILメール
nunonapuchu★yahoo.co.jp
(★=アットマーク)
布ナプキンの本を出版しました
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode


SPONSORED LINKS