生理用品と古書の雑記

むかしの女性はどうしてた?古雑誌でたどる月経帯からアンネナプキンまで
<< ビクトリヤ月経帯と大和真太郎氏に関するメモ | main | 月経帯時代の生理用品広告頻出キーワード >>
本日はビクトリヤ月経帯・大和真太郎氏の誕生日です
4月15日はビクトリヤ月経帯を製造した大和真太郎氏の誕生日です。
ということで、今後も調べを継続することを自分に課す意味も含めて
記念の日としての書きつけをしておきます。


大和真太郎氏は今から101年前の1914(大正3)年に
初の国産材料による月経帯を製造販売した人物です。

月経帯は明治時代半ば頃から医師が中心となって月経処置の重要性を教えられた
一部の女性たちのために輸入品が販売されていましたが大変高価なものでした。

大和真太郎氏は1890(明治23)年、福井県三国の生まれで、
名古屋商業学校を卒業し横浜の商館勤務を経て20歳の時、
1910(明治43)年に京橋で輸入雑貨商を営んでいました。

あるとき、輸入のサンプル品の中に
経血を吸収させるための脱脂綿を乗せる長方形のゴムを、
腰に巻いたベルトの前後から吊るしたアメリカ製の月経帯をみて、
これは構造は複雑ではない上に、材料のゴムから作ることが出来れば
 価格も抑えられる、しかも月経帯の需要は大きいということに気が付きました。

画像:1913(大正2)年 婦人之友6月号より
(アメリカからの輸入ビクトリア)

このように書くと月経帯を事業にしようと考えたのかと思いがちで
私も以前はそう思っていましたが、実は関心は月経帯そのものではありませんでした。

この頃の真太郎氏は輸入雑貨商の経営に失敗し次の事業を始めるにあたって、
月経帯が商売になる行けると踏んで着手したというより、
ゴム製品を重視し将来性をみていたようです。

高値になってしまう輸入品に依らず自らの手で製品をつくるため、
英語のゴム製造法の本を入手し独学で製造技術を獲得し薄ゴムの国産化に成功しました。
その製法は、ガソリンで融解したゴムを板上の硝化綿に塗り重ねて行き、
ちょうど良い薄さ(厚みともいえる)になったところで剥すという方法で、
これを機械化することも可能にしました。

こうして1914(大正3)年に売り出されたのが大和ゴム製作所のビクトリヤ月経帯です。

画像:1916(大正5)年 婦人画報3月号より
(右側の妖精と蝶の図はビクトリヤの商標登録)

さらにビクトリヤ月経帯に用いられた薄ゴムの技術は、他にも数多くの製品を生み出し
おしめカバーや防水布に活かされ、レインコートやゴム手袋、海水帽といった
日用雑貨品にも及びました。
一時ルーデサック(コンドーム)の製造もしていたようですが、
これは機械化を断念したことから後年の真太郎氏の回想によると
失敗したもののひとつということです。

真太郎氏の独学と苦心の末に世に送り出されたビクトリヤ月経帯ですが、
新聞や雑誌に広告は出すものの当初はなかなか売行きが伸びず、
宣伝には苦労したとも語っています。

サクラになった家族が雑貨店に出向いては
「ビクトリヤ月経帯ありますか?」「ビクトリヤはいいらしいですね」と
その店が仕入れるまで通ったり、女学校に狙いを定めて寄宿舎の監督にサンプルを送り、
その結果100個単位での注文を取り付けるということもしていました。

地道な宣伝と新聞雑誌への広告掲載を続ける一方で、
製品の研究にも余念がありませんでした。

月経帯の工夫と改善には社員の妻や関係者の女性を「拝み倒して」協力を求め、
その声をサイズやデザインに取り入れました。

身近な女性たちの協力を得て製品づくりをしていましたが、
製作陣の着用中の様子を見たいという申し出だけは強く拒否されたため、
吉原の女性に頼んでみたもののやはり始めは断られ、
なんとか説き伏せて協力を得られたそうです。

ちなみに、大和真太郎氏と同郷で大和ゴム製作所の宣伝担当から
後に同社取締役になった岡崎明郎氏によると、
「月経帯だのサックだのつくっていても吉原に通じている人物はゴム界には少ない」
と語っています。そして真太郎氏については「高潔な人」と言っています。


ビクトリヤ月経帯を世に送り出した大和真太郎氏について、
まだまだお伝えしたいことはたくさんあるのですが、
彼の誕生日である今日、書き留めるのはこの辺にしておきます。


※追記
参考資料
『生理用品の社会史 タブーから一大ビジネスへ』田中ひかる(ミネルヴァ書房 2013)
「ゴム時報」29(7)
「ゴム時報」32(5)
「ゴム時報」33(12)
「ゴム時報」36(7)
その他、関係者より拝借資料等

 
ビクトリヤ月経帯 00:55 -
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MAILメール
nunonapuchu★yahoo.co.jp
(★=アットマーク)
布ナプキンの本を出版しました
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode


SPONSORED LINKS