生理用品と古書の雑記

むかしの女性はどうしてた?古雑誌でたどる月経帯からアンネナプキンまで
<< 昭和初期に月経帯よりたくさん広告が掲載されている生理不順薬、通経剤の悪徳業者って酷い | main | からだの本vol.03「布ナプデビューしませんか?」 >>
今、生理だからと言わず「お姉様、私お月の病気なの」と言う可愛い妹こそビクトリヤ月経帯
現在では生理と普通に口にしますが、昔の女性雑誌をみると
「つきやく」「めぐり」「月の者」というように、
別の言葉に置き換えて伝ていることがあります。

この1925(大正14)年のビクトリヤ月経帯の広告では、
生理を「お月の病気」と言っています。

1925(大正14)年 主婦之友 新年号より

これは園子とお姉様、二人の女性の会話が主体となった広告で、
園子がお姉様からのカルタの誘い(この広告は新年号に掲載)を断ったのですが、
その理由をためらいがちに伝えた時に園子が発した言葉が、

「私けふからお月の病気なの」です。

それに対してお姉様が、
ビクトリヤを使えば「少しも心配はあれはしないわ」と応じて一件落着。
とても分かりやすい宣伝です。

この当時、ビクトリヤ月経帯製造元の大和ゴム製作所は、
材料の薄ゴム国産化に10年以上前に成功し、製品化まで自社工場での
一貫製造をしていて、関東大震災の影響を受けつつも
創業者の回想記によれば、ほぼ独走状態の頃でした。(※1)
また、大学で広告宣伝を学んだ者を雇いそれに力を入れていた頃です。(※2)

大和ゴム製作所にとっては、月経帯業界に怖いものなしだった
のかもしれませんが、他の追随を許さずトップであり続けるには、
園子はお姉様にとって可愛い存在である必要があったのだと思います。
ビクトリヤ月経帯を妹の園子、この広告を見ている雑誌読者をお姉様に
置き換えてみると分かります。

この広告から11年後、
年号が変わっても可愛い存在であり続けるビクトリヤの努力は続いています。

ビクトリヤは「女子衛生時のマスコット」です。

1936(昭和11)年 婦人画報 2月号より

※参考書籍等
1、「ゴム時報」32(5)1953年、「ゴム時報」36(7)1957年
2、「ゴム時報」29(7)1950年

 
JUGEMテーマ:日記・一般


ありがとう最後までお読みくださってどうもありがとうございます。
明治・大正・昭和の生理用品広告集サイトもご覧くださると嬉しいですきゃvネコ

 
ビクトリヤ月経帯 23:24 -
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MAILメール
nunonapuchu★yahoo.co.jp
(★=アットマーク)
布ナプキンの本を出版しました
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode


SPONSORED LINKS