生理用品と古書の雑記

むかしの女性はどうしてた?古雑誌でたどる月経帯からアンネナプキンまで
<< フランスとベトナムの生理用品 | main |
『明治を生きた男装の女医 高橋瑞物語』感想

『明治を生きた男装の女医 高橋瑞物語』

田中ひかる 中央公論新社

 

高橋瑞は1852年愛知県生まれ、

1887年女医第3号となる。

 

「瑞は利口だから学問をやるといい」という父の遺言をたよりに、女中扱いされ学ぶことを許さない兄夫婦と住む実家をあてもないまま出た。

旅芸人一座の世話や女中、短い結婚生活などを経て、産婆になり女医になりドイツ留学をも果たす高橋瑞の伝記。

 

瑞は家出した当初から医者を目指していたのではない。

幼くして死んだ姪や行く先々で出会った人たちを通して経験したことが、産婆や医者になることを決意させた。

カネもコネもない瑞が女性には閉ざされていた学問の扉を、学びたいという一心でこじ開けてゆく様は清々しく応援したくなる。

 

ようやく入学を認められ、いざ学校生活がはじまっても男子学生からの差別、いやがらせにあうが、瑞の態度は自分は自分、とにかく勉強第一と常にお金の工面で男子からの蔑視なんてお構い無しだ。

 

タイトルに「男装」とあるが、

男性社会に受け入れてもらうため女性ならではの策を用いたという感じでドラマチックにもみえるが、

瑞の場合はわざわざ装ったというよりも、その身なりの方が実用的だと認めていたからではないかと思う。

 

というのも、瑞は着物の背中に落書きされるという虐めにあっても同じ物を着て授業を受けていた。

すると、虐めた学生がお詫びに着物をくれ得したといい、

病院実習許可の直談判に行き、親身に話を聞いてくれた院長婦人から着物を貰ったのだが、

それは、実習で患者を診るのに着た切り雀のいつもの恰好じゃまずいからくれたのだろうと、同じ下宿の男子学生に気づかされ、風呂にも入るようにと言われるほどなのだ。

 

 

著者の田中ひかるさんはエピローグで、

瑞のほか、荻野吟子、生澤久野、本多銓子、吉岡弥生ら同時代の女性医師の資料から「人は群れずとも連帯できるということを教えてくれた」と言う。

 

瑞と同じ明治時代の<男装の女医>となった人たちどうしが、お互いに意識しあったり時には語り合ったりという、ほどほどの結びつきも孤軍奮闘するだけではない連帯感があって爽やかな物語だ。

産婆を志すまでの苛酷な前半生があるからなおさらだ。

 

田中ひかるさんには『オバサンはなぜ嫌われるか』という著書もあり、その中で

男女のダブルスタンダードが苦しいときは、

見知らぬ他人との面倒なコミュニケーションを厭わず社会性に富んでいる

「オバサンに学べ。でも『オバサン』とは呼ぶな」とあるのだが、

瑞たち女医どうしの連帯や後輩女医との繋がりにこの本を思い出した。

 

そういえば瑞、

学生時代やドイツ留学中の下宿など、初めのうちは疎んじられていても家事能力の高さやコミュニケーション力で次第に受け入れられ慕われるようになったのだった。

 

瑞は、がむしゃらで自分は自分というようにみえても、

救えるはずの命を救いたい、

そのためには医師になるしかない、その一念でどんな困難にも怯まず突き進んで行った。

 

そして、医師になってからは、学生への援助を惜しまず困っている人は無償で診療し、

亡くなったのちは女子学生が骨格標本を見せてもらえなかった苦労などを思い、自分の遺体を役立てるように後輩女医で東京女子医科大学創立者の吉岡弥生に託した。

 

この高橋瑞の物語を読んでいると、

些細な考えごとや計画でも事前にたくさんの情報を集め経験談を見聞き(しかもネットで漁る)などして、これはムリあれもダメと先行き不安で結局諦めてなにもしないことが

私にはよくあるのだか、少しは勇気を出そうと思うのだった。

 

 

- 23:14 -
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MAILメール
nunonapuchu★yahoo.co.jp
(★=アットマーク)
布ナプキンの本を出版しました
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode


SPONSORED LINKS