生理用品と古書の雑記

むかしの女性はどうしてた?古雑誌でたどる月経帯からアンネナプキンまで
綿雪

DVC00054.jpg
乾燥注意報が止んだのはいいけれど雪!
綿雪(綿をちぎったような雪「角川国語辞典」)とは
こんな感じかと思いつつ、棉にくるまれた和棉の種を取り出す。

徒然日記 13:02 comments(0)
本年も相変りませず


本年も相変わりませずどうぞよろしくお願いいたします

特別なことはない普段とさほど変わりのない年の暮れと年明け。
このことをどれほど有難いことといつもの年より深く感じ入ったのは、
昨年の出来事があってのことで、新年のご挨拶と平穏を願い
日頃の買い物や用事などの道すがらも立ち寄る地元の弁財天さまと
閻魔さまと薬師如来さまと蓮の葉観音さまを詣でる。

徒然日記 14:25 comments(0)
日めくり
DVC00103.jpg
数年前に初めて観てなんて良いドラマなんだろうと思った昭和40年代のドラマ
(作者平岩弓枝 ありがとう)で、日めくりが何気ないシーンに使われているのが
印象的で以来ウチでも使い始めました。今日は今年最後の一枚。

今年は例え嬉しいことや善きことがあっても、世の中全体にそれ以上の暗闇があって
なかなか前が見えにくく気持が沈みがちな一年でしたが、
ブログ及びウーマンケアネットをご覧くださってどうもありがとうございます。

布ナプキンに関することでの行動の記録としては、1月と11月に講座をさせて頂きまして、
講座後の皆さまとのお喋りがとても楽しく、また、布ナプばかの話を聞いて下さった
というだけでも私にとってはとても嬉しいことでした。

来年はどんな小さな善きことでも見逃すことなくキャッチできるように
気持をいつも整えておきたいと思う年の瀬です。
徒然日記 13:55 comments(0)
カーネーション

NHK朝の連続テレビ小説カーネーションを観ている。

私の祖父が戦前から洋服の仕立て(紳士服のテーラーメイド)を
営んでいたので、なんとなくおじいちゃんの店もこんな感じだったのかななどと
思いながら観ている。古い裁縫道具や家具、町の看板なども楽しみの一つ。
最近のカーネーションは戦時中なので楽しんで観るという感じではないけれど・・・。

今日の放送を観終わって、そういえば消火訓練や防空壕のことが手持ちの雑誌に
出ていたなと気になり、引っ張り出してみた。
DVC00098.jpg

DVC00099.jpg
(昭和19年 主婦之友8月号、9月号)

本来楽しいものであって欲しい女性雑誌なのに、
この頃のものはこんな記事ばかり・・・。

おひさまもカーネーションもこの当時のことをドラマにしているけど、
私の父の巣鴨の実家は空襲で焼かれ家が無くなってしまったので本当に他人ごとと思えない。

徒然日記 14:49 comments(0)
型紙


少し前からPDFで公開している型紙を見直しているのだけど、
ついでにこのリサイクル・リメイク布ナプキンの型紙も見直した。
見直しているものの方が今公開中の型紙より良いと自分で判断が付いたら
新しい型紙を公開するつもり。

この楕円形というか卵型のものは羽根の部分を裁断したり縫ったりが
今公開中の羽根付きより少しラクなことは確か。

型紙はこんなふうにして作っている。
DVC00097.jpg
長方形の紙を4つに折って角を落とす(写真中央)。
これを自分の好みの楕円になるまで繰り返す。
私はこれをカーボン紙で厚紙に移して型紙にしている。
厚紙だと(プリンターの用紙のフォトマットなどでも)
布に線を引きやすい。

徒然日記 00:04 comments(0)
カイロ

大雪の今日、今年初めての出番。ハクキンカイロ愛用中です。

徒然日記 14:39 comments(0)
型紙
DVC00021.jpg
形状を変えるつもりはないが、布ナプキンの型紙を見直し中。
大きいのは今よりほんの少し小さく、小さいのは今よりほんの少し大きく。

角の丸みに合うものを見つけて嬉しい。
なんとこれホールケーキをカットするときのガイドなのだ。

方眼紙に布ナプキンの四角い線を引き、角の丸みはこれ。
その後、厚紙に書き写すのにカーボン紙を挟んで方眼紙をなぞる。
厚紙で型紙を作っておくと布に線を引く時に使いやすい。

見直しを決めたサイズで自分で作って使って納得が行ったら、
ウーマンケアネットにPDFで公開します。
徒然日記 19:38 comments(0)
アンネナプキン

ちょうど50年前の1961年(昭和36年)11月11日、アンネナプキン登場。
(値段は12個入りで100円、公務員初任給14200円)

昨日は明日はアンネの記念日だと思いつつ「アンネ課長」を読み返していた。
アンネ課長
アンネの発売が漸く目前に迫り記念の祝賀会で、アンネ課長はスピーチで
日本女性に福音を告げ女性の解放に貢献しますと宣言したのだそうだ。

アンネという会社自体は残念ながら長く存続してはいないが、
きっと今も使い捨てナプキンや布ナプキン問わず、
生理用品を世に送り出している作り手の方達の気持の中には、
女性が気持よく過ごせるようにという思いを持って取り組んでいる
であろう事に違いはないと思う。(そう思いたい)

私は布ナプキンを好んで愛用しているが、使い捨てナプキンはスゴイと思っている。
”生理のお手当てに使うもの”に変わりはないのだから布か使い捨てかなどと
どちらかに軍配を上げる必要はない。むしろ選択肢は多い方が良い。


アンネナプキンについてもう少し知りたい方はこちらのページをどうぞ。
月経帯からアンネナプキンまで〜ちょっと昔の生理用品の記録 な・ぷ・ろ・ぐ


アンネナプキンとは?

アンネナプキンのネーミングについて

アンネナプキンの広告

生理=アンネと呼ばれたアンネナプキン
徒然日記 12:55 comments(0)
DVC00067.jpg
これはコットンの布。これも布ナプキン講座のための準備です。

「布」とは
織物の総称。植物の繊維で織ったもの。(ヤフー辞書より)
麻、葛など植物の繊維で織った織物。木綿。(角川国語辞典)
徒然日記 00:10 comments(0)
進行表と台本作り
DVC00058.jpg
2週間後に控えた講座の支度を整えている。

講座で話しをする内容を、6つの話題と冒頭、結びという
流れにして8つに分けた。
その進行表をもとに、本番でアタママッチロという状態を
補うべく台本を整えた。

よどみなく上手く話す、縦板に水という話し方とは程遠い、
ならば準備と練習で気持を落ち着かせるしかないと思い
本番に向けてスケジュールを立てて取り組んでいる。

立派な方を引き合いに出すには恥知らずで畏れ多いが、
いつだったか安藤忠雄氏が駆けだしの頃のことを
お話しされていた番組で、四六時中考え一所懸命取り組めば、
良いものは出来ずとも思いの篭ったものは出来る。
というようなことを仰っていた。

例え出来は良くなくとも、伝え手・話し手としての思いを込めて
努めたいと思っている。
徒然日記 16:26 comments(0)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MAILメール
nunonapuchu★yahoo.co.jp
(★=アットマーク)
布ナプキンの本を出版しました
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode


SPONSORED LINKS